草木レモンサワー(2023秋)
草木レモンサワー(2023秋)
草木レモンサワー(2023秋)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 草木レモンサワー(2023秋)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 草木レモンサワー(2023秋)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 草木レモンサワー(2023秋)

草木レモンサワー(2023秋)

通常価格
¥3,900
販売価格
¥3,900
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

 

2023年の秋に造った草木レモンサワーです。

2022年が初めてでかなりグアバの味わいが濃く出たのですが、今回は少し調節して、全体的なバランスを重視して、クマタケラン(月桃)など爽やかな味わいが強くでるようにしています。


そのまま冷やしてストレートとかもなんか行けちゃいます。

養命〇〇じゃないですが、気つけの1杯とかにも向いてるお酒です。元々、あのお酒もハーブを漬け込んだお酒でしたね。


ーーーーーー


【草木レモンサワーとは】

秋の苦味には、ハーブとかが合うのでは・・・ということで、奄美で自生しているレモングラスやレモンバーベラ、クマタケラン(一般に月桃と呼ばれるものです)を入れました。ボトルによって、浸かってるものは、少し違いますのでご了承ください。味のベースには、ばんじろう茶というグアバの葉っぱを、タンクで一緒に漬けて、味は整えてます。


こちらも苦味に特徴があるので、ソーダだけでなく、トニックなどで割ってもらうのがオススメです!



蓋のロウ付けは、天然の蜜蝋を余った葉っぱで染めながら使いました(色薄め)


ラベルはいつもの佐賀の名尾手すき和紙です。



ハーブは、やまごやハーブamajaさんからです(素敵なハーブティありがとうございました!)。

ネーミングは日本草木研究所に使っていい?って聞いたら良いよって言ってました。


 

ベースとなっているのは、秋につくったリアルレモンサワーです。

ーーーーー

【リアルレモンサワーとは】


真のレモンサワー専用リキュール『リアルレモンサワー』


OPEN BOOKのレモンサワーをリキュールとして商品化しました。


全てをこだわりの手作りで、保存料・香料・人工甘味料・着色料は一切不使用です(言うまでもなく)。富田酒造場さん協力のもと、1週間、奄美大島で作ってます。


200キロのレモンを皮剥きして、この為にブレンドさせてもらった焼酎に漬け込み、オープンブックのオリジナルシロップで割りました。炭酸で割るだけで、オープンブックのレモンサワーが楽しめます(もしかしたら、それ以上)。


レモンは、広島県尾道市瀬戸田町に位置するcitrusfarmsたてみち屋さんのビアフランカという品種を使用しています。


炭酸で1:3~4に割ればオープンブック直伝のレモンサワーが楽しめます。カットレモンを是非添えてください。もちろんお好みの濃さでも。ロックでも。寒い日には、お湯で割って、ホットレモンサワーもおススメです。


リアルレモンサワー1本あたり、一般的なグラスで約12杯分のレモンサワーが作れます。


開けた後は、冷蔵庫に保管することをオススメしますが、余程の高温多湿の場所に置かなければ、常温でも大丈夫です。アルコール度数30度ですので、保存期間も気にせず、どうぞ。


※原材料高騰の影響をうけて、一部を値上げしておりす。ご理解のほど、よろしくお願いします。